石鎚山お山開き大祭始まりました!

西日本最高峰 (1982m)の石鎚山は、日本七霊山の一つです。

毎年7月1日から10日間、石鎚神社にて夏季大祭が開かれます。

7月1日早朝、10日間の大祭の幕が切って落とされました。

 

石鎚神社本社に祀る3体の御神像を「仁」、「智」、「勇」の順に先達が背負い威勢のいい声を上げながら、石鎚山頂を目指し勇壮に駆け登ります。

大祭は本殿のご神像を10日まで頂上社にまつる行事で、全国から信徒が集まります。

石鎚神社では、お山開きの期間中およそ3万人の参拝客を見込んでいます。

 

勇ましいかけ声とともに成就社を出発し、いよいよ大祭の火ぶたが切って落とされる。

勇ましいかけ声とともに成就社を出発します。

信者たちは先頭から最後尾まで一本のロープを手に頂上を目指す。

一本のロープを手に頂上を目指します。

頂上社に到着すると、祈願成就のため信者の体に御神体を背中に押し当てる。

頂上広場では背中にご神像を押し当てる「拝戴(はいたい)」の神事で無病息災を祈願。

 

フロント とーるん